HPVとは?

HPV(ヒトパピローマウイルス)とは?

HPV(ヒトパピローマウイルス)はウイルスの型により様々な病型を呈します。
尖圭コンジローマでは6型、11型などのローリスク型で、発癌が低いものが多かったが、最近はハイリスク型も増加しています。
HPV16型、18型、31型、52型、58型などは発癌との関連を指摘されており、ハイリスク型とされます。若年性の子宮頸癌ではこのハイリスク型に感染していることが多い。
ハイリスク型による尖圭コンジローマは定期的な観察が必要です。

HPVにかかるとどんな症状になるの?

感染しても症状はありません。

HPVにかかるとみんな子宮がんになるの?

子宮頸癌はHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が大きく関わっていると考えられています。子宮頸癌の頻度自体は減少傾向にありますが、性交渉の低年齢化と多様化によって、若年者においては感染の機会がむしろ増えており、若い人の子宮頸癌は増加傾向にあります。しかし、性交渉経験者ならHPVに高率に感染しているともいえます。その割合は70%以上とも考えられています。感染している女性が、すべて子宮頸癌になるわけではありません。HPV感染自体はむしろ普通の状態です。リスクの高いタイプのHPVに感染しているかが重要です。どんなHPVのタイプに感染しているか調べる方法はありますが、あまり一般的ではありません。またリスクの高いタイプのHPVに感染していても、子宮頸癌に進行する人と、そう出ない人がいます。HPV以外の因子の存在も非常に重要です。
子宮頸部細胞診にてHPVの存在が疑われる場合もあります。これはコイロサイトーシスと呼ばれる所見で、核周囲が抜けて見える扁平上皮細胞(コイロサイトーシス)が出現する状態を言う。コイロサイトーシスはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染による細胞変性であり、HPV感染が強く示唆される子宮頸部異型性に特徴的な所見とされています。
子宮頸がんの原因となるタイプのHPVに対して、ワクチンが開発され接種できるようになりました(当院で接種できます)。

HPVの費用

HPV型検査 30,000円
HPV陽性 陰性検査 20,000円

HPVワクチン

【お知らせ】New
子宮頚がん予防ワクチンのガーダシルが接種可能になりました。

ガーダシルとは4価組み換えワクチンです。

その中でも15種類程度が癌を引き起こす可能性がある高リスク型と呼ばれています。その中で16型と18型が子宮頚がんの原因の65%を占めています。

ガーダシルは高リスク型と低リスク型の両方に効果があるものです。
・高リスク型: HPV16型と18型
子宮頚がん・外陰上皮内腫瘍・膣上皮内腫瘍の発症に関係する型です。
・低リスク型: HPV6型と11型
尖圭コンジローマの発症に関係する型です。
つまり4つの型のHPVに対して感染予防効果をもつものです。

【副作用】
ガーダシルにはワクチン効果を高めるためにアジュバンドと呼ばれる免疫増強剤が添加されております。その結果、接種部位に疼痛・発赤・腫脹などの局所反応が強くなる傾向があります。
疲労感・筋肉痛・頭痛・胃腸症状・関節痛は、注射部位の局所反応がおこす全身反応です。

2011年9月26日から予約制にて接種開始しております。
ガーダシルHPVワクチン(4価)接種費用 (3回の接種が必要です)

1回目 18,000円 (18歳未満 16,000です)
2回目(2か月後) 18,000円 (18歳未満 16,000です)
3回目(6か月後) 18,000円 (18歳未満 16,000です)

他院にて1.2回目を接種した方も上記料金です。

HPVワクチン
サーバリックス(2価HPVワクチン)
ついにがんが予防できる時代がやってきました。
グラクソ・スミスクライン株式会社からサーバリックス(商品名)という子宮頚がん予防ワクチンが発売されました。

●その特性として
(1)子宮頚がん発症の主要な原因である、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の16型と18型の感染を予防するワクチンである。
(2)HPV16型と18型の持続感染、HPV16型もしくは18型が関与する前癌病変への発症を92.3%~100%予防する。
(3)10歳以上の女性が接種対象者である。通常1回目を打ったあと1か月後に2回目、1回目の接種から6か月後に3回目の接種を行う。

●15~19歳の日本人女性の32%が発がん性HPVに感染していることがわかりました。
1999年から2007年に子宮がん検査を受けた日本人女性2282例に対して、HPV感染率を調査したところ若い女性ほど発がん性HPVに感染している確率が高い傾向にあることがわかりました。(Onuki M et al : Cancer Sci 100(7) : 1312-1316 , 2009/12/24 より)

●発がん性HPVの中でも HPV16型やHPV18型に感染していると子宮頚がんの前がん病変への発生率が高まります。

●妊婦、産褥、授乳婦への接種
(1)妊婦または妊娠している可能性のある婦人への接種は妊娠終了まで延期することが望ましい。
(2)授乳中の接種に関する安全性は確立していないので、授乳婦には予防接種の有益性が上回ると判断される場合にのみ接種することが望ましい。

●副作用
(1)一般に、発赤・腫脹・かゆみは4日くらいで軽快します。硬結が1カ月以上残る場合もありますが少しずつ軽快していきます。
(2)また接種により発熱を起こす場合もあります。
(3)重篤な副作用としてアナフィラキシー症状が出現することもあります。接種後30分以内におこすことが多いため接種後30分は院内にいてください。
(4)疲労感・筋肉痛・頭痛・胃腸症状・関節痛は、注射部位の局所反応がおこす全身反応です。

サーバリックスHPVワクチン(2価)接種費用 (3回の接種が必要です)
2011年9月28日から価格下がりました。
すでに開始している方も次回以降の接種はこの料金です。

1回目 14,000円 (18歳未満 同額です)
2回目(1か月後) 14,000円 (18歳未満 同額です)
3回目(6か月後) 14,000円 (18歳未満 同額です)

他院にて1.2回目を接種した方も上記料金です。

【用法・用量】
10歳以上の女性に、通常、1回0.5mlを0、1、6ヶ月後に3回、上腕の三角筋部に筋肉内注射をします。

3回接種しないと十分な効果が得られませんのでご注意ください。ただし!!
このワクチンを接種したからといって100%子宮がんが予防できるとは限りません。
定期的に子宮がん検査は行う必要がありますので、皆さん、きちんと受診しましょう。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285