人工授精

人工授精

人工授精(AIH:artificial insemination with husband`s semen)は調整した精子を子宮内に注入する手技で、注入部位が子宮腔内の場合にはintrauterin insemination(IUI)、子宮頸管の場合にはintracervical insemination(ICI)と呼ばれます。具体的には、細い管を使って子宮頸管を通り抜け、事前に採取して調整した精子を子宮の奥深くに注入します。その後の受精・着床は自然妊娠とまったく同じです。人工授精は出来るだけ排卵に近い時期に、出来るだけ多くの精子を、子宮腔内に確実に注入することが重要です。

性交障害、男性因子、頸管因子、そのほかの原因不明不妊がその主な適応となりますが、卵管障害などを除いたほぼすべての不妊原因に対して、体外受精の前の治療として用いられています。

人工授精の妊娠率は年齢、およびタイミング指導をどの程度行ってから人工授精に移ったかなどにもよりますが、タイミングの2倍、体外受精の1/4とするのが目安です。体外受精の普及に伴い、施行される頻度は高くはなくなってきていますが、妊娠率は決して高くないものの、それなりに有効な治療法であり、高年齢においても積極的に用いることを検討してよい方法です。

人工授精の流れ

排卵日を特定するため、超音波検査で卵胞の大きさや子宮内膜の厚さ測定、採血にて血中エストロゲン値、LH値を測定します。正確に排卵日に人工授精を行う必要があります。2-3日前に排卵日の予測と人工授精(AIH)の決定を行うことが多いです。

当日行うこと

精液採取 自宅で専用容器に採取してご持参。

精子の調整 精液検査を行い、適切な方法にて、運動良好精子を回収します。

人工授精(AIH)用の細いカテーテルを使って子宮頸管を通り抜け、調整した精子を子宮の奥深くに注入します。

凍結精子に関して
排卵日に精子を準備できない場合、または精子所見が不良で精子を何度か凍結してそれらを合わせて一度に融解して運動精子数を増やして人工授精を行う方法があります。しかし、精子凍結保存および融解再濃縮洗浄の過程で、良好運動精子は半減します。特に精液不良所見例においては、凍結融解後の精子の運動率の低下が著しくなります。このため、凍結精子を用いての妊娠率はかなり低くなります。このため、やむを得ない場合以外はお勧めいたしません。

人工授精から体外受精に進む時期
通常は3-6周期タイミング法を用いてみて、妊娠に至らなければ人工授精に移ることが多いです。
また同様に、人工授精で妊娠する場合は通常6周期以内のことがほとんどです。このため、妊娠成立を見ない場合は、女性の不妊原因、精液所見、AMHの値によっては体外受精に移行するのが良いでしょう。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285