原因が特定できない場合 (機能性不妊)

機能性不妊とは

不妊治療をスタートする際に行なったさまざまな検査で、夫婦ともに問題がなく、タイミング指導から人工授精までの治療を行なってもなかなか妊娠に至らない場合を機能性不妊と定義づけます。簡単に言いかえれば原因不明の状態のことをいいます。

治療のステップアップとしては、まずタイミング指導から始まり、誘発剤を使用してのタイミング指導、人工授精と一定期間行なってみます。しかし、それらの治療を行ないながらもなかなか妊娠に至らないようであれば、医師と患者様側との話し合いで体外受精へとさらにステップアップしてみます。より高度な治療が診断的治療になると言えます。

ステップアップする時期に関しては、患者様の不妊治療暦および年齢によって早くなる場合もあります。特に40歳以上の場合は状況によっては初めから体外受精となることもあります。近年、不妊の原因が年齢であることが圧倒的に多い状況ですので、より成功率の高い治療への早期のステップアップは重要です。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285