基礎体温と排卵日の予測

基礎体温を測ってみよう

妊娠を希望している女性に、まず行なって欲しいのが毎朝の基礎体温をつけてみることです。基礎体温をつけると、大まかな排卵日の予測も立てられます。基礎体温とは、眠っている間など体がいちばん安静な状態にあるときの体温のことです。朝起きて、動かずにベッドやお布団のなかでそのまま、すぐに測ります。

男性と違い、女性の体温は一定ではなく、ホルモンの分泌によってその数値が上下します。低温期と高温期の2相に分かれるのですが、低温期とは月経が始まってから排卵が起こるまでの時期のこと。そして高温期とは排卵後、黄体ホルモンが分泌されることから体温が上昇している時期のことをいいます。妊娠している場合は高温期が続き、卵子が受精・着床しなかった場合は排卵から14日前後で月経が始まります。

基礎体温が正常な場合、このような2相のグラフになりますが、高温期が短かったりする場合、低温期と高温期の2相にわかれない場合、グラフの線がバラバラの場合などは生理不順を含め体にどこか異常がないかを探る目安ともなります(なお高温期が持続する場合は妊娠を疑います)。

高温期が短い場合
高温期は排卵後から起こりますが、正常の場合はだいたい10日以上続きます。それ以下の場合に考えられる疾患は黄体機能不全を疑います。

高温期が長い場合
高温期が14日以上続く場合は、妊娠の可能性を考えます。そのほか、子宮外妊娠や別の原因を抱えている場合もあるので早めに受診を。

グラフが2相に分かれていない場合(無排卵周期)
無排卵月経を疑う必要があります。月経はきちんときていると思っていても、排卵が起きずに破綻出血といって生理のように出血をすることがあります。微量のホルモンで内膜が少し厚くなり、それが古くなって出てくるのです。排卵がないため、体温の変化が起こらない状態と言えます。

グラフの線がバラバラの場合
睡眠不足や起きる時間帯が同じではないなど不規則な生活が続いた場合、そして2相に分かれていない人同様に無排卵月経の場合もあります。単にうまく体温が測れていない場合もありますので、計ったときの状況を再度確認してみましょう。体温計の異常もまれですがあります。

基礎体温の測り方

朝、目が覚めたらすぐに舌下(舌の裏側)に体温計の先端部を入れて計ります。寝ている間の体温により近づけるため、動かず、ふとんの中でそのまま計りましょう。検温はなるべく一定の時間に計ることが大切です。起き上がらなくていいように、寝る前に枕元に体温計と基礎体温を書き込む基礎体温表を置いておくと便利です。

自分の排卵日を知ろう

排卵日は先に述べた基礎体温で大まかな予測がつきますが、そのほかの方法として子宮頸管粘膜で予測することも可能です。

卵胞が発育するとエストロゲン(E2)が分泌され、それにより子宮頸管粘液も増えてきます。膣内は細菌の進入を防ぐために酸性に保たれていますが、排卵日が近づくにつれ、精子の通り道となる子宮頸管はエストロゲンによりアルカリ性の粘液を多く分泌させます。そして酸性を嫌う精子の運動を促してくれるのです。その子宮頸管粘液は卵白のようなぷるんとした状態で、糸をひくようによく伸びるのが特徴です。

基礎体温に変化が現れたり、おりものの状態が変わってきたら、排卵日が近いか、もしくは排卵したということになります。また、排卵日を知る方法として、市販の検査薬で尿の黄体化ホルモン(LH)濃度を測り排卵日をある程度特定することが出来ます。病院で行う超音波検査や採血に比べて正確さは劣りますが、基礎体温表とあわせ、個人でできる排卵日のおおまかな目安として使うとよいかもしれません。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285