たまごのはなし

はじめに

女性のからだのこと(月経のこと)、それから卵子や精子のことって、意外と知らないことが多いですよね。ここでは項目ごとに整理してご説明していきます。

月経と排卵のしくみを知ろう

女性の体の働きとして、おおよそ28日サイクルで月経があり、そして排卵が行なわれています。月経周期日数の正常範囲は、その周期日数が25-38日の間にあり、その変動が6日以内であるとされています。月経周期が短縮し、24日以内で発来した月経を頻発月経といいます。月経周期が延長して39日以上で発来した月経を希発月経と言います。

卵巣のなかに原子卵胞という卵のもとがありますが、その数は生まれたての赤ちゃんの時点で数百万個ほどあり、成長とともにその数は次第に減少していきます。初潮を迎える頃には10万個になっています。さらに自然淘汰は続き、原子卵胞がなくなった時点で閉経ということになります。閉経までに排卵される卵は400~500個と言われています。

月経が始まると下垂体から出る卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌され、100個ほどの原子卵胞が目覚め、成長を開始します。原子卵胞は成長を開始するものの、100個中、大きくなるのは主席卵胞と呼ばれる1個のみで、他は吸収されてしまいます。

そのFSHの刺激で主席卵胞が成熟しだすと、卵胞膜から卵胞ホルモン(E2)という卵胞を成長させるホルモンが分泌され、視床下部へと届けられます。E2が十分に出て卵胞が育ったら、黄体化ホルモン(LH)を分泌させます。この刺激により、成熟した主席卵胞のなかの卵子が膜を破って卵巣の外に飛び出します。これが排卵と言われるものです。
約3~5日間生き延びる精子に対し、排卵された卵子はたった24時間程度しか生命力を持ちません。そのために、妊娠を希望される人は排卵日をきちんと特定し、性交渉を持つ必要があるのです。

排卵した後の卵胞や排卵しなかった卵胞は卵巣内で自然としぼんでいきます。排卵した卵胞は黄体ホルモン(プロゲステロン)に変化し、そのホルモンにより基礎体温が上昇し高温期が続きます。排卵した卵子が精子と受精し、子宮内膜に着床した場合は妊娠が成立。しかし、排卵後に受精・着床が行なわれなかった場合、黄体ホルモンによって厚くなった子宮内膜がはがれ落ち、排卵から2週間ほどで月経が始まります。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285