子宮内膜症

子宮内膜症ってなに?

生理の時に排出される月経血が、卵管を通って腹腔内に逆流することがあります。
この逆流した血液の中には、子宮内膜細胞が浮かんでおり、この細胞が子宮以外の場所で落ち着いてしまうと、子宮内膜と似た組織を作り広がっていきます。
この組織は、子宮口のような排出する出口がないので、その部位に溜まるようになります。
このような現象を子宮内膜症と呼びます。

子宮内膜症の症状は?

子宮内膜症を起こすと月経痛のさらに強くなった痛みを伴います。症状が進行すると、痛みは一般の鎮痛剤薬では治まらないほどの激しいものになります。
また、月経時期ではないのに腹部や下腹部の周りが痛くなったり、下腹部だけにとどまらず、腰部や肛門の奥まで広範囲にわたって激痛が走ることもあります。
日常生活に支障をきたしてしまうこともあるのです。

子宮内膜症の治療方法は?

薬物療法では、月経をコントロールしたり、ピルなどを使うホルモン療法などがあります。
症状が進行している場合は、外科的手術を行います。卵巣と周辺にある組織を取り除く方法と、病気を起こしてしまう子宮と卵巣を病巣と一緒に取り除く方法があります。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285