更年期障害

更年期って?

更年期とは「生殖期から生殖不能期への移行期である」と定義されています。
すなわち、卵巣の活動性が消失し永久に月経が停止する閉経前後の期間に該当します。
日本の閉経の平均年齢は50歳です。年齢的には45~55歳くらいが更年期の時期に相当すると通常考えられています。

更年期障害がおこる理由は?

卵巣機能の衰退に伴うエストロゲンの低下が原因です。
しかしエストロゲンの低下は閉経に一致しておこるものではなく、閉経の2年くらい前から低下が始まり、それに伴い卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)が上昇してきます。視床下部―下垂体―卵巣等に変化が生じ、その上位中枢である視床下部は持続的な機能亢進状態を生じることになります。その視床下部の機能亢進は視床下部に自律神経中枢が存在しることから、自律神経中枢にも影響を及ぼし、自律神経失調症を招くといわれています。

自律神経失調症だと思って心療内科に通ってますが・・・。

この自律神経失調症は更年期障害の1つです。

更年期だと思わず内科や心療内科に通院している方はいませんか?

更年期障害に伴う症状
ホットフラッシュ・肩こり・腰痛・頭痛・めまい・冷えなどのさまざまな体の症状
睡眠障害・不安・不満・うつなどの精神症状

ホットフラッシュ
結合型エストロゲン(CEE)の投与により「のぼせ、ほてり」は平均2週間で軽快。
2ヶ月後までに9割の女性がほとんど治癒する。発汗も同様。

睡眠障害
更年期に特徴なのは中途覚醒です。エストロゲンが有効です。
ちなみに早朝覚醒はうつ病によくみられます。

精神症状
基礎的にはエストロゲンが神経伝達物質の代謝回転、輸送、取り込みなどの関連しているとの報告が多く見られます。

認知機能
エストロゲンが短期記憶の改善に有効であることを示す報告があります。
おおまかに言いますと、ホットフラッシュがなく精神症状(不安感・抑うつ感)が強い場合には更年期障害ではないことがおおく精神疾患である可能性が高いと思います。

治療法は?

漢方療法 ホルモン補充療法(HRT) を行います。

ネットで診療予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
パソコンからでも携帯からでも
ご予約いただけます。 ネットで予約
初めて当院に受診される患者様へ
WEB問診表をダウンロードする

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。
メディア掲載
スタッフ募集
はなおかIVFクリニック品川
Doctor's File 花岡嘉奈子院長
はなおかIVFクリニック品川 徒然日記
アクセス
〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-15 第二タジマビル3階
Tel. 03-5767-5285